ノンデザイナーのデザインレスな日常 bluesantaclaus.exblog.jp

日々淡々


by bluesantaclaus
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:チラシ作成講座内容( 4 )

日時、場所など具体的な情報の確認です。

一番大切なことは伝えたい、反応してもらいたい相手(=ターゲット)の立場にたっての設定です。
ターゲットにとって都合のいい時間、場所を決めたら、わかりやすい表記です。当たり前だと思っている場所も地元の人にしかわからないこともあります。

持ち物も…この活動だったら、これもってくるの当たり前…は通用しませんよ。必要なもの、団体側で用意するものなどはっきり明記するといいですね♪

[PR]
by bluesantaclaus | 2017-10-27 23:11 | チラシ作成講座内容 | Comments(0)
事業(イベントや講習会、講座)などの目的や内容を
しっかり箇条書きでかけたら 👉記事はこちら
次は、ターゲットの設定です。

ターゲットは集まってもらいたい人
つまり、チラシの内容を届けたい相手のことです。

誰の目にとまってほしいか
誰の気持ちを射止めたいか

考えます。

ターゲットの設定は細かくします。
「どなたでも」「みなさん」などは範囲が広すぎて
だれも、自分のことだとは思いません。

チラシを見た人が
「あっ、これ、わたしのこと!!!」とびっくり(笑)するには
ピンポイントな設定が必要です。

ターゲット…会員のみなさんと一緒にしっかり設定してくださいね!



[PR]
by bluesantaclaus | 2017-10-19 11:58 | チラシ作成講座内容 | Comments(0)
情報の整理は紙に書いてします。

頭で考えるだけよりずっとまとまります。
「書く」という行為って考えながら確認、
足りないことの確認などいろいろできるみたいですよ。

私はこんな表を使っています。
d0361011_07570550.png
チラシで広報したい事業
つまり、イベントや講習会についてまず確認します。
それが①の目的と内容です。
ここに思いつくまま箇条書きにどんどん書き込んでいきます。
少しピント外れかなと思ってもOK
だって、自分の資料なんですからね…^^

①がまとまってくると

チラシの肝
☆事業のタイトル
☆キャッチコピー
☆説明文
をまとめる参考になります。

やってみてください。
あたまで考えているより、素敵な言葉を見つけられます。

そして、そして…
チラシの肝を作るなによりのコツは一人で考えず

◎数人でアイデアを出すことです。

出てきたアイデアをつなぎ合わせると、ほんといいものができますよ!


[PR]
by bluesantaclaus | 2017-10-18 08:19 | チラシ作成講座内容 | Comments(0)
d0361011_08405645.jpg

と、いっしょに作ったサンプルチラシ

[PR]
by bluesantaclaus | 2017-07-31 08:39 | チラシ作成講座内容 | Comments(0)